コインの表裏

うん。人間って、不思議なことに、良い心も悪い心も、どちらも持ち合わせている。誰でもそうなんじゃないだろうか?コインが仮に人の心だとしたら、裏も表もどちらもその人自身。好きなロッカーが歌っていたりするのだけれど、「ディズニ …

雨やどりのブルース

大人になったらブルースを歌えるようになるのかなぁ?と、結構な大人になった今、思う。涙で曇って前が見えないような夜に、口ずさむのがそんな歌だったりする。楽しい歌が良い歌なときもあれば、思いっきり切なさを爆発させる曲にも名曲 …

空気感

台風が発生する季節。台風一過という夕暮れ。空が表情豊かだった。普段から空の景色を撮るのが好きなんだが、この時間帯が、また、良い。三谷幸喜監督の映画のタイトルにもある、マジックアワー。夕暮れ時の絶妙なシーンが、まるで魔法の …

とあるまちの事情

いつも、移動するときには、愛車(自転車)、雨の日は市電(路面電車)を使うのだが、いつからだろう、この街が車社会と言われるようになったのは。東京に長年暮らしていた私は、車の免許証を持っていない。東京では、あまりにも電車や地 …

銀メダルの重さ

この夏を賑やかにしてくれているのだろうか?勝利だ記録だメダルだなんだと東京オリンピックが日本で開催されている。昨日は、少し女子バスケットの試合を見たが、とにかくすごい。ここまでの道のりは並大抵じゃなかっただろうと想像する …

ヒロシマの記憶

ヒロシマ、とカタカナで書くと何故か戦争や平和のことな結びつくようなイメージになる。今年もこの朝が巡ってきた。オリンピックを平和の祭典とするなら、この日本での8月が世界に向けてどういう意味があるか、思いは様々なのかもしれな …

音のある景色

耳が聞こえるコトは、当たり前のようでいて、当たり前じゃない。その昔、ベートーヴェンは、耳が聞こえない音楽家だったという話はあまりにも有名です。音楽ってこの世の中でも不思議な位置にあるなぁって思うのです。以前、研修で、とあ …

蝉のかがやき

蝉しぐれという言葉がありますが、時雨とは通り雨の事でしょう。一日中、へたすれば一週間鳴き続ける蝉たちの時雨は、蝉線状降雨帯とも言えるかもしれません。八日目の蝉は、何を思い鳴くのでしょうか。一週間の夏。一瞬のようで、しかし …

トップに戻る