地震からの雪

元日に起こった能登の地震。東日本の時は3月。熊本は4月。今回は1月。季節、気温のことだけ見るわけじゃないが、冬のど真ん中、これから雪深くなる土地での、このタイミングでの災害。知り合いの方が、救援物資を持って現地入りされた …

陽射しが…

いつになく暖かな年末年始。日差しが差し込むと、春か、と錯覚してしまうような今日の昼下がり。教会の表の掲示板、今年も楽しく更新していきたいところ。今回の言葉は、ふと心に浮かんだ。常日頃、ビシバシ実感している内容で、ラクなこ …

新年あけまして

新年あけましておめでとうございます。令和6年スタート。昨年は、コロナ禍も落ち着き、生活のカタチも変わってきた年になったように感じる。日々、喜ぶ稽古をして来たら、喜びごとがたくさん起こってくるように。じつは、起こって来てい …

繰り返す日々

毎日が、同じような日々、そう嘆く人の話を聴いたことがある。一日、というのは、日が昇って、日が沈んで行くまでを、昼。日が沈んで日が再び昇るまでを夜。その昼×1と夜×1を一日、としているのは、なんだか、わかりやすい。大晦日に …

鬼が笑えば

来年の話をしよう。来週には、もう新年。人生設計とまでは言わないけれど、少し先の予定というのは、誰しもある。ただ、すべてが予定通りには、いかないのは世の常。思い通りになるのが、成功であったり、成就であったり、と考えてしまい …

季節は変わるというけれど、どの季節も好きになれるというか、得意になれるといいなぁ、と。好きなこと、得意なことを見つけられるよう、そしてそれを伸ばせるよう、つづけていけるよう。どうしても出来ないこと、上手くいかないこと、に …

ほんのき餅です。

この光景は、そう、もちろん、その、餅つき。日本の古き良き風習。やっぱり、準備から、開催から、片づけまで、地域で協力して取り組んでおられる。この数年、こういうイベントも開催が難しかったようで。何事も、楽しむ姿勢で取り組むと …

どこでもあるドア

次への扉を開くときには、緊張するだろうか、ワクワクするだろうか、ビクビクするだろうか。先のことは誰にもわからない。わからないから、心配して待つのか、わからないから、とワクワクして進むのか。最近、そんなことを考えることがあ …

傘がある

天と地と。天がよくて、地が悪いことのような意味で使われることもあるにはあるけど。地があるから、天がある、という見方もできる。どちらが欠けても成り立たないし、また、天地が出来て以来、欠けることなく、あり続けている天と地。そ …

冬の朝、なんだか、冷たい空気がピリッとして、気持ちが良い。ぬくぬくしているのも、それはそれでステキだけど、冬の寒さが好きというより、暖房のない環境で過ごした時期や、真冬でも外で走り回って練習したり、してたし、外仕事もやっ …

トップに戻る